北九州市小倉北区の歯医者 歯科医院 小田歯科クリニック  虫歯と歯周病予防のプロフェッショナル インプラント 審美歯科 ホワイトニング

医院の特色

はじめまして  

院長の小田秀幸と申します。

画像の説明

北九州市小倉北区に生まれ、福岡県立小倉高校、福岡県立九州歯科大学を卒業をした、まさに小倉生まれの玄海育ちです。

昭和54年、現在地に小田歯科クリニックを開設以来、常に歯科医療の最前線で、インプラント・矯正など多岐にわたる分野にチャレンジしながら、予防を中心とした診療を行って来ました。

歯科大学を卒業以来、これまで約1万名の患者さんとの係わりから、私なりの歯科医療に対する哲学が生まれました。

それを、我が医院の特色としてこれからお話いたします。

全ての基礎は歯磨きから  

私の願いのページで詳しくお話しているように、どんなに近代的な治療をしても、どんなに高額な治療をしても、虫歯菌や歯周病菌の餌となる歯垢が残っていれば、細菌の産出する毒素でじわじわと歯その物や、その周りのあごの骨が破壊されて行きます。

最初は目には見えない顕微鏡レベルの侵襲から始まり、肉眼やレントゲン写真で確認できる程になると、自然治癒は望めません。

治療とは  

お口の中に不調を感じ、歯科医院を訪れた時には何らかの介入が必要となります。

それを治療と呼びますが、決して元通りに回復した訳ではなく、歯の代用品を使って、以前の状態に極力復元しようとしているだけなのです。

患者さんから「治療した歯でも虫歯になる事が有るんですか?」と、時々聞かれます。

昔は「なんて解っていない人なんだろう」と、思っていたのですが、今では私の受け取り方もかなり違ってきました。

画像の説明

患者さんが解っていないのではなく、解る所まで私たち医療者が説明をしていなかった。

それ以前に「治る」という言葉に対する認識の違いが、両者の間で大きく存在していることに気付きました。

自分勝手な解釈  

「治る」という言葉は、「風邪が治る」とか「頭痛が治る」と言う様に、一般的には元通りになる意味として使われます。

ところが、先ほどからお話しているように、歯科医療において、治療と言う行為では、それを元通りにする事は出来ません。

手付かずの自然のままの状態が100点とすれば、治療の範囲が大きくなるに従って、80点、60点と歯の力が下がって行き、それと同時に、虫歯になるリスクは上がってゆきます。

それなのに、患者さんは元通りになったと解釈し、以前と変わらない(それで虫歯が出来た)歯磨きを続け、また具合が悪くなってから歯科医院を訪れる。

画像の説明

医療者サイドでも、元通りになっていないのを解っていながら「治りました」という言葉を患者さんに告げ「何かあったら、また来て下さい」と送り出す。

「治る」という言葉を、それぞれ勝手な解釈をしている間、新たな虫歯が進行してゆきます。

歯科治療は外科的治療  

人の手を加えない天然の歯が一番強い。

それは揺るぎようの無い事実です。

医療には内科的治療と外科的治療が有り、問題を薬などを使って「治す」のと、問題部分を取り除く事によって、病気が他の部分に広がるのを食い止めるのが、両者の違いです。

歯科治療は外科的治療です。

ほっといて自然と治る事は有りません。

切った貼ったの世界、完全な物から始まって、少しづつ減ってゆく、引き算の世界です。

ご本人の大変さは大きく違いますが、歯が無くなれば義歯を、不幸にして足を失えば義肢を作るのと基本的考え方は同じです。

ただ、命に関わる事が少ないとか、日常生活への影響が比較的軽い事から、正面から受け止めていないだけです。

それに加えて、一番大切な歯磨きの重要性を理解していない。

画像の説明

これでは、虫歯の悩みは尽きないはずです。


powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional