北九州市小倉北区の歯医者 歯科医院 小田歯科クリニック  虫歯と歯周病予防のプロフェッショナル インプラント 審美歯科 ホワイトニング

私の願い

 私の願い  

私の願いはただ一つ、あなたがご自身の手でご自分の歯を守ることが出来るようになる。

それだけです。

言葉だけでなく、実際それをやるとなると大変な事ですが、コツをマスターしてしまえば、一生虫歯の不安から解放されるのです。

もちろん、私たちもその達成のために、あなたを全力でサポートいたします。

歯磨きだけで、全てが解決できるの?  

野生の動物に、虫歯や歯周病は殆んど有りません。それは何故か?
答えは簡単、生ものを自然のままでしか食べないから。

人が火の使い方や食べ物を加工することを覚え、食べやすく美味しい物を口にするのと引き換えに、虫歯と歯周病を抱え込むようになったのです。

虫歯と歯周病は細菌による感染症です。

画像の説明

その証拠に、生まれたての赤ちゃんはそれらの菌を持っていません。

ところが生育の過程の何れかで感染し菌を保有する事になります。

平たく言えば、みんな生まれて間もない時から現在まで、ずーっとお口の中で虫歯菌と歯周病菌を飼っているのです。

細菌が繁殖するのには打って付けの湿度や温度、これに大量の餌があれば、まさに細菌天国です。

この餌にあたるのが、食べかす、いわゆる歯垢です。

恵まれた環境でぬくぬくと成長を続ける細菌たちをイメージして見てください。

これが虫歯で悩んでいるあなたのお口の中の実態です。

でも、これだけ敵の情報が分かっているのですから、単純かつ効果的な作戦を立てることが可能です。

その名も、兵糧攻め大作戦・・・・そう、徹底したブラッシングで餌となる歯垢を細菌から遠ざけ、その力を奪ってしまうのです。
 
理屈は単純だけど、効果は極めて絶大です

人の言う事を聞かない    

これだけ因果関係がはっきりしているのに、お口の中の悩みを抱えている人が多いのは何故でしょう?

画像の説明

それは人の話を聞かないから。聞いてもそれを行動に移そうとしないから。

幼い頃は、甘い物を控えさせられたり、付きっ切りで歯磨きをさせられたり。

学校検診では、虫歯を見つけられたり、校医さんや養護の先生に虫歯ができる訳や、歯の磨き方を教えてもらったり。

知識は十分あった筈です。それでも行動に移せなかった

それは「歯を磨きなさい」。と言う押し付けであったり、「歯を磨かないと虫歯になって、抜けてしまうよ」という脅しであったり。

単なる外的コントロールで、本人の気付きも無ければ、自ら自発的行動を起こす切っ掛けすら無かったからです。

生活習慣病    

これと同じように、血圧が高いとプッツンしますよ。コレステロールが高いと心筋梗塞で、ポックリ行きますよ。糖尿病になったら、目が見えなくなったり、色んな臓器に問題が起きますよ。

最悪な状況をイメージさせ、それを避ける為の行動を強要する。

これが、慢性疾患、特に生活習慣病という物に対する医療者サイドのアプローチだった、と言っても過言ではないと思います。

私の場合、患者さんの事を思えば思うほど、受け入れてもらえないと語気が強くなったのも事実です。

どうしてなのか、他のアプローチの仕方を知らなかったからです。

一生懸命になる事で、そこまで思ってくれてと、自らの行動を改める人がいる反面、かえって関係を悪くし、お互いがギクシャクしてしまう事もありました。

患者さんの事を思うほどに、強まる胸のつかえに、悶々としていたある時、一筋の光明が差し込みました。

それがコーチングとの出会いです。

コーチングの潜在能力    

コーチングとは「外的コントロールでは無しに、本人自らの気付きによる行動の変容を促すための、コミュニケーションの方法」といえます。

北風と太陽の寓話のなかでの、北風を外的コントロール、太陽をコーチングに置き換えてもらうとイメージし易いと思います。

画像の説明


この様に昔からコーチング的アプローチは存在したものの、ごく一部の卓越したコミュニケーションの達人が天賦の才を持って、スキル云々を意識する事無く、相手のやる気を引き出していたのだと思います。

質問の力    

コーチングが、外的コントロールと違う点は質問に有ります。

人は質問されると、制限などが掛かっていなければ、それに答えたくなるのが普通です。

私たちの思考のスピードは、話したり書いたりする速度の数十倍の速さで脳の中を駆け巡っているそうです。

それを質問と言う道具を使って捕まえ、言葉にして頭の外に引き出した時、始めてその事を認識する事が良く有ります。

それをオートクライン(気付き)と呼びます。

自分で決めた事だから  

まわりから強制されるのではなく、本人の気付きを持って自発的行動を起こす。

「歯磨きしないと歯がなくなってしまう」

そんな後ろ向きの理由では、動機付けが続きません。

「健康こそ人生の基本、そのまた基礎になる丈夫な歯を自分の力で守ってゆこう」

そんな気付きを持って、自発的行動を起こしませんか。

画像の説明

一生の友達であるご自分の歯に

あなたは、どう有って欲しいと思っていますか?

そのために、あなたは、何が出来ますか?


powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional